独ダイムラー、ヘルメスから電動商用バン1500台を受注

2017/03/31発行 No.588号

記事分類:企業情報 - 自動車メーカー

独自動車大手のダイムラーは3月28日、軽商用車部門のメルセデスベンツ・バンが同国の物流大手ヘルメスから市内配送に使用する電気駆動の商用バン1,500台を受注したと発表した。両社は、配送用の電気自動車の経済性、持続可能性、日常的な使用における適用性に重点を置いて技術、実用面での改善で協力する。2018年初めにハンブルクとシュツットガルトでパイロットプロジェクトを開始する計画で、ヘルメスはドイツ国内で2020年末までに電動商用バン1,500台を導入する。

ヘルメスは、中型および大型の電動バンを導入する計画で、メルセデスベンツ・バンは小包配送用に仕様変更した「ヴィトー」と「スプリンター」の電気駆動モデルを供給する。また、車載電池の残量や航続距離に応じて走行ルートを最適化するなどのコネクテッドカーサービスの提供も計画している。

■ オンライン販売の急増が課題に

両社は今回の提携で、小包配送における効率、生産性、持続可能性の向上を目標に掲げている。背景には、オンライン販売の急速な成長による宅配・小包配送(CEP:courier-express-parcel)量の急増への対応が課題となっていることがある。また、新しいアイデアを導入し、サービスの改善にも役立てたい考え。

ヘルメスは2025年までに、ドイツのすべての大都市における市内配送車を完全にエミッションフリーとすることを目指している。また、電気自動車の充電には100%再生可能エネルギー由来の電力を使用する計画。

ダイムラーとヘルメスはこれまでも電気自動車や燃料電池車の試験導入で協力してきた実績があり、昨年4月には、ダイムラー傘下の三菱ふそうトラック・バスがドイツのシュツットガルトで電気トラック「キャンターEセル」を使って1年間の実証試験を開始した。

この記事の週(2017/03/31)のヘッドラインへ戻る

その他ニューズレターの最新号を読む

目で見る欧州自動車産業ニュース

クローズアップ

欧州自動車短信