BMW、「iネクスト」を独工場で生産・21年下半期に発売

2017/05/05発行 No.592号

記事分類:企業情報 - 自動車メーカー

独高級車大手のBMWグループは5月2日、ドイツのディンゴルフィング工場で2021年から電気自動車「BMW iネクスト」を生産すると発表した。BMWはドイツのライプチヒ工場で現在、同社初の電気自動車「i3」を生産している。ディンゴルフィング工場は同社にとって、電気自動車を生産する2番目の工場となる。

ディンゴルフィング工場では現在、電気駆動車の部品である高電圧充電池と電気モーターを生産している。また、BMW「5シリーズ」と「7シリーズ」のプラグイン・ハイブリッド車も生産している。

BMWはディンゴルフィング工場にこれまでに、電気駆動車分野に1億ユーロを投資している。同工場は、ドイツのランツフート工場と共に、高電圧充電池と電気モーターの生産の重要拠点に位置付けられる。

BMWの2016年の電気駆動車の出荷台数は6万2,000台を超えた。うち、電気自動車「i3」は2万5,500台以上を占めている。母国ドイツでは「i3」の新車登録台数が前年比26%増の2,864台に拡大した。

同社は2017年に電気駆動車を10万台販売することを目指している。また、2025年にはBMWグループ全体の販売に占める電気駆動車の割合が15~25%に拡大すると見込んでいる。

■ 「BMW iネクスト」、発売は21年下半期

BMWのハラルド・クリューガー社長は4月30日付の独日刊紙『フランクフルターアルゲマイネ』(日曜版)に掲載されたインタビュー記事の中で、自動運転機能を装備した新モデル「iネクスト」をドイツのディンゴルフィング工場で生産する計画を明らかにした。

同社長は、「生産においてはシリコンバレーよりも(ディンゴルフィング工場のある)ニーダーバイエルン地方の方が勝っている」と述べ、BMWグループの技術陣や電気駆動の開発チームに近いことが決め手となった、と説明した。

クリューガー社長によると、「iネクスト」は2021年下半期に発売する予定。

この記事の週(2017/05/05)のヘッドラインへ戻る

この記事の週(2017/05/05)の記事一覧

その他ニューズレターの最新号を読む

目で見る欧州自動車産業ニュース