Daimler

2017/10/27発行 No.616号

記事分類:欧州自動車短信

独自動車大手のダイムラー は19日、ロンドン交通局(TfL)がまとめた同市におけるタクシー・ライセンス件数に関する調査で、2017年1~9月の累計でメルセデスベンツのミニバン「ヴィトー・タクシー」が625台と最も多かったと明らかにした。市場シェアは55%となる。ダイムラーは2008年から「ヴィトー・タクシー」を「ブラック・キャブ」として供給している。なお、中国自動車大手、吉利汽車の英タクシー製造子会社ロンドン・エレクトリック・ビークル・カンパニー(LEVC、旧:ロンドン・タクシー・カンパニー)は474台だった。

この記事の週(2017/10/27)のヘッドラインへ戻る

目で見る欧州自動車産業ニュース

クローズアップ

欧州自動車短信