VW

2017/11/17発行 No.619号

記事分類:欧州自動車短信

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)グループ は13日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの郊外にあるヘネラル・パチェコ工場で新型SUVを生産するために今後5年間で約5億6,000万ユーロを投資すると発表した。新型SUVは、プラットフォーム「MQB」をベースとしたモデルで、2020年から南米全域で販売する予定。VWでは、今回のプロジェクトを通して約2,500人の雇用を創出できると見込んでいる。

この記事の週(2017/11/17)のヘッドラインへ戻る

目で見る欧州自動車産業ニュース

クローズアップ

欧州自動車短信