Renault

2017/12/15発行 No.623号

記事分類:欧州自動車短信

仏自動車大手のルノー・グループ は7日、ルノー・日産アライアンスとダイムラーが共同開発した1.3l直噴ターボガソリンエンジンを発表した。新型エンジンは、マニュアル車専用の「115ps」と、マニュアル・オートマチック併用車の「140ps」、「160ps」の3種類をラインアップし、低燃費やCO2排出量軽減を実現するとともに、運転の楽しさや快適性を向上させている。ルノーはすでにミニバン「セニック」と「グランドセニック」への搭載を開始しており、2018年から他のルノー車にも積極的に採用していくという。

この記事の週(2017/12/15)のヘッドラインへ戻る

目で見る欧州自動車産業ニュース

クローズアップ

欧州自動車短信