ZF Friedrichshafen

2018/03/23発行 No.635号

記事分類:欧州自動車短信

独自動車部品大手のZFフリードリヒスハーフェン は15日、ケースに織物を使用したファブリックハウジングのニーエアバッグ(乗員の足やひざを保護するためのエアバッグ)を2019年初めに欧州の自動車大手向けに市場投入すると発表した。ファブリックハウジングの採用により、金属製ハウジングを使用した従来のニーエアバッグに比べ重量を最大30%軽量化することができる。

この記事の週(2018/03/23)のヘッドラインへ戻る

目で見る欧州自動車産業ニュース

クローズアップ

欧州自動車短信