12月のユーロ圏失業率8.7%、前月から横ばい

2018/02/05発行 No.185号

記事分類:EU情報

EU統計局ユーロスタットが1月31日発表したユーロ圏の2017年12月の失業率は8.7%で、2009年1月以来の低水準となった前月から横ばいだった。(表参照)

EU28カ国ベースの失業率は7.3%。主要国はドイツが3.6%、フランスが9.2%、イタリアが10.8%、スペインが16.4%だった。域内最悪のギリシャは10月時点で20.7%となっている。

同月の失業者数は、ユーロ圏が前月を13万4,000人下回る1,413万7,000人、EUが同16万5,000人減の1,796万1,000人と推定されている。

この記事の週(2018/02/05)のヘッドラインへ戻る