太陽光パネル大手の中国トリナ・ソーラー、エストニアを拠点候補に

2017/06/07発行 No.1019号

記事分類:バルト三国

中国の太陽光パネル大手トリナ・ソーラー(天合光能)が、エストニアに中東欧の事業拠点を開設することを検討している。5月30日にエストニア商工会議所を訪問した楊曉忠取締役が明らかにした。エストニア企業と提携して現地生産の体制を整え、同市場に本格参入する方針だ。

楊取締役は「事業環境が良好ならば現地生産を前向きに検討する。エストニアを候補の一つとみている」と述べた。

同社は中東欧への本格進出に向けて、自社製品の販売提携先を探している。また、現地の設置業者や太陽光発電事業者とソーラー発電開発でも提携したい意向だ。

この記事の週(2017/06/07)のヘッドラインへ戻る

その他ニューズレターの最新号を読む