白物家電のゴレニア、戦略提携先を模索

2017/11/15発行 No.1041号

記事分類:ルーマニア・ブルガリア・その他南東欧・トルコ

スロベニアの白物家電大手ゴレニアは9日、長期的成長に向けて他社との戦略的提携を検討していることを明らかにした。市場のグローバル化と業界再編の進展を受けたもので、資本提携も含めた協力のあり方を探る。来年9月までに結論を出す予定だ。

ゴレニアは戦略提携を通じて、◇事業拡大◇ブランド力向上◇物流網強化◇製品開発の加速◇事業のデジタル化――を推進する狙い。ゴレニアにはパナソニックが10.74%出資し、買収も検討していたが、資産査定を踏まえ昨年11月に買収しないことを決定している。

この記事の週(2017/11/15)のヘッドラインへ戻る

その他ニューズレターの最新号を読む