ブルガリアとマケドニア、天然ガス網の接続で事業化調査を実施

2017/11/29発行 No.1043号

記事分類:総合 - 東欧経済ニュース

ブルガリアとマケドニアが天然ガスパイプラインの新設に向けて事業化調査を実施する。両国の送ガス網を接続して供給の安定化を図り、ロシア産ガスへの依存を軽減する狙いだ。

ブルガリアはガス需要の95%をロシアのガスプロムから調達しているが、すでにルーマニアとの供給網相互接続を実現し、ギリシャ、トルコとも接続に向けて準備を進めている。

事業化調査では既存インフラを査定し、新設すべきインフラを確定する。経路は、ギリシャ、トルコとの送ガス網接続計画と、黒海沿岸のヴァルナに建設予定のハブ基地を考慮に入れて決定する。

この記事の週(2017/11/29)のヘッドラインへ戻る

その他ニューズレターの最新号を読む