ポーランド失業率、12月は6.6%

2018/01/31発行 No.1050号

記事分類:ポーランド

ポーランド中央統計局(GUS)が24日発表した2017年12月の失業率は6.6%となり、前月から0.1ポイント悪化した。失業者数は106万7,700人から108万1,700人に増加した。

同国の失業率は昨年1月に8.5%まで上昇したが、その後低下を続けており、統計を取り始めた1992年以降で最低の水準で推移している。

この記事の週(2018/01/31)のヘッドラインへ戻る

この記事の週(2018/01/31)の記事一覧

その他ニューズレターの最新号を読む