トルコ有機食品輸出、17年は17%増加

2018/01/31発行 No.1050号

記事分類:ルーマニア・ブルガリア・その他南東欧・トルコ

トルコの2017年の有機食品輸出高は8,700万米ドルに上り、前年から17%拡大した。数量ベースでも2万1,000トンと、10%増加した。同国のエーゲ海ドライフルーツ・ベジタブル輸出業者協会(EKMID)が先ごろ明らかにした。

EKMIDによると、トルコは干しブドウ、干しイチジク、ナッツ、干しアンズなどを世界68カ国に輸出する。仕向け先別ではドイツ、フランス、米国、フランスが多い。

また、同国の有機食品は輸出手続きで「有機」と記されないことが多いため、実際の輸出量は統計値の少なくとも5倍に上るという。

この記事の週(2018/01/31)のヘッドラインへ戻る

この記事の週(2018/01/31)の記事一覧

その他ニューズレターの最新号を読む