FBC

ログイン Menu

ロシア信用格付け、投資適格級に引き上げ=米S&P

2018年2月28日発行 No.1054号

米国の大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は23日、ロシアの長期信用格付けを「投機的」とされる「BBプラスから投資適格級の「BBBマイナス」へ一段階引き上げた。見通しは「安定的」。S&Pがロシアを格上げするのは2006年以来、12年ぶりで、「投資適格」評価は3年ぶりとなる。大統領選挙を間近に控えたプーチン大統領にとっては大きな朗報だ。

S&Pは格上げの理由として、◇経済成長率の上昇◇金融システムの問題改善◇健全財政◇経済政策の改善――などを挙げた。

米フィッチ・レーティングスはすでに昨年9月、ロシアを「投資適格」に格上げしており、3大格付け会社で唯一「投機的」評価を維持しているムーディーズ・インベスターズ・サービスも近い将来、見直すと予想される。

▲このページのトップへ