FBC

ログイン Menu

ハンガリー、闇労働が増加

2018年5月2日発行 No.1062号

ハンガリーで闇労働が拡大している。経済省の先ごろの発表によると、雇用全体に占める比率は2016年の12.73%から17年には17.11%へ拡大した。罰金額は合わせて2億フォリント(約64万ユーロ)に上った。

業種別では建設業が特に高く、2017年は47%にも上った。農業(33%)、警備・防犯サービス(22%)、接客業(19%)も高率だった。

種類別では、「社会・雇用保険の未届け」が最も多かった。(1HUF=0.43JPY)

▲このページのトップへ