FBC

ログイン Menu

2018年5月16日号ヘッドライン

ゲシェフトフューラーの豆知識

企業情報短信

  • アラウンドタウン

    ルクセンブルクに本社を置く業務用不動産大手のアラウンドタウンは15日、保有不動産の一部を国際的な投資会社や株式ファンドに計7億2,000万ユーロで売却したと発表した。売却益1億6,500万ユーロを買収に充てる意向だ。同社はドイツとオランダを中心に事業を展開。フランクフルト証券取引所に上場している。

  • バイエル

    独化学・製薬大手バイエルのヨハネス・ディーチュ取締役(財務担当)は証券紙『ベルゼンツァイトゥング』に、米農業化学大手モンサントの買収に伴うコスト削減効果が当初予測を下回る見通しを明らかにした。買収承認の条件として独禁当局から多くの事業の売却を命じられたため。2016年9月の買収合意時点では、買収後4年目以降のコスト削減額が年15億ドルに達するとの見方を示していた。

  • ツァランド

    ネット通販大手の独ツァランドは8日、女性用化粧品の取り扱いを開始したことを明らかにした。ルビン・リッター取締役(財務担当)は、化粧品は衣料品などと比べてネット上であまり販売されていないと指摘。市場開拓の余地が大きいとの見方を示した。

  • シェフラー

    ベアリング大手の独シェフラーは7日、世界の従業員の1%弱に当たる950人を整理すると発表した。業務の無駄を省き事業効率を向上させる組織再編プログラムの一環。経営上の理由による整理解雇と工場閉鎖は行わない。年間コストを最大6,000万ユーロ圧縮する。人員削減のコストは5,000万ユーロ。

企業情報

経済産業情報

▲このページのトップへ