ZFフリードリヒスハーフェン

2017/03/08発行 No.1129号

記事分類:企業情報短信

自動車部品大手の独ZFフリードリヒスハーフェンは2日、インド中南部のハイデラバードで研究開発拠点「インド・テクノロジー・センター(ITC)」の開所式を行った。自動車・産業向けに電子機器とソフトウエアを開発する計画で、自動運転技術も活動分野となっている。今後5年間で1,500万ユーロを追加投資。2020年にはITCの技術者数を2,500人に拡大する。

この記事の週(2017/03/08)のヘッドラインへ戻る

この記事の週(2017/03/08)の記事一覧

その他ニューズレターの最新号を読む