嫌疑解雇のハードル高く

2017/09/06発行 No.1153号

記事分類:ゲシェフトフューラーの豆知識

被用者が犯罪行為ないし重大な義務違反を行ったことがほぼ間違いない場合、雇用主は当該被用者を即時...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
この記事の週(2017/09/06)のヘッドラインへ戻る

この記事の週(2017/09/06)の記事一覧

その他ニューズレターの最新号を読む

目で見るドイツの経済・社会

ゲシェフトフューラーの豆知識

企業情報短信