消費者景況感2カ月ぶり改善

2018/04/11発行 No.1181号

記事分類:総合 - ドイツ経済ニュース

市場調査大手のGfKが3月28日発表したドイツ消費者景況感指数の4月向け予測値は3月の確定値(10.8)を0.1ポイント上回る10.9となり、2カ月ぶりに上昇した。景気と雇用の安定、所得の拡大、低インフレを背景に同指数は高水準が続いている。

景気の見通しに関する3月の指数(4月向け予測値の算出基準の1つ)は前月を0.3ポイント上回る45.9に上昇。所得の見通しに関する3月の指数(同)も1.1ポイント増の54.9へと拡大した。高額商品の購入意欲に関する3月の指数(同)は2.8ポイント増の59.1だった。

この記事の週(2018/04/11)のヘッドラインへ戻る

この記事の週(2018/04/11)の記事一覧

その他ニューズレターの最新号を読む