自動車部品のコンチネンタルが電池生産を検討

自動車部品大手の独コンチネンタル(ハノーバー)が車載電池の生産事業に参入することを検討している。エルマー・デーゲンハルト社長が業界誌『アウト[…]

この記事は、ドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。

【 速報 】