ポーランド司法改革法案に大統領が拒否権発動

ポーランドのドゥダ大統領は24日、政府が進める司法改革に対し拒否権を発動した。司法の独立を定める憲法に抵触する懸念があるためで、法案を下院に[…]

この記事は、東欧経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。

【 速報 】