ロシア経済成長率、第3四半期は1.8%に低下

ロシア連邦統計局(ロススタット)が13日発表した2017年7-9月期(第3四半期)の経済成長率(速報値)は前年同期比で1.8%にとどまり、2.5%の伸びを示した前期に比べて減速が顕著となった。個人消費は堅調さを保っているが、休日が1日多かったことや、設備投資の不振が足を引っ張ったもようだ。ただ、原油相場の回復で、ロシア経済が成長基調にあることには変わりがない。

4-6月期(第2四半期)の成長をけん引した要因の一つは、設備投資だった。大型建設事業や国の助成を背景とした鉄道車両・農業機械の調達拡大で、前年同期比で6%伸びた。第3四半期はその効果が続かず、投資が鈍ったとみられる。

また、ロシアは昨年9月、主要産油国による減産合意をにらんで原油生産を大幅に増やした。これにより、比較ベースとなる16年第3四半期の国内総生産(GDP)が押し上げられたことも成長を難しくしたもようだ。

しかし、主要産物である原油の相場が昨年以来、上昇していることから、ロシアの景気が拡大局面にあることは間違いない。今年上半期の成長率は1.5%だったが、国際通貨基金(IMF)と欧州復興開発銀行(EBRD)は今月に入り、通期成長見通しを1.8%へ引き上げている。

2017/11/15

ハンガリーの10月インフレ率2.2%、2カ月連続で低下

ハンガリー中央統計局(KSH)が9日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.2...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/15

チェコの10月インフレ率2.9%、2カ月連続で上昇

チェコ統計局(CSU)が9日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で2.9%増加...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/15

ウクライナ貿易統計

2017/11/15

クロアチア、7~8年後ユーロ導入=プレンコビッチ首相

クロアチアのプレンコビッチ首相は10月30日、今後7~8年以内に欧州単一通貨ユーロを同国に導入...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/08

チェコ中銀が追加利上げ、政策金利0.5%に

チェコ中央銀行(CNB)は3日、主要政策金利である14日物レポ金利を0.25ポイント引き上げ、0.5%とした。利上げは今年に入って8月に続く2回目。金融引き締めを継続して景気の過熱を抑制する考えだ。ロンバート金利(上限金利)も0.5ポイント引き上げて1%とした。公定歩合(下限金利)は0.05%に据え置いた。

チェコでは好調な経済を背景に賃金が上昇し、インフレ率が目標を上回る水準で推移している。中銀は8月に9年半ぶりに金利を引き上げたが、その後もインフレ圧力が強まっていることから追加利上げに踏み切った。

2017/11/08

チェコ9月失業率2.7%、5カ月連続で完全雇用達成

チェコ統計局(CSU)が10月31日に発表した9月の失業率(季節調整済み)は2.7%となり、5...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/08

ルーマニア失業率、9月は5%

ルーマニア統計局(INS)が10月31日発表した9月の失業率(速報値、季節調整済み)は前月より...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/08

トルコのインフレ率、10月は9年ぶり高水準に

トルコ統計局(TUIK)が3日発表した10月のインフレ率は前年同月比で11.9%となり、前月の11.2%から0.7ポイント拡大した。これは2008年8月以来の高水準。価格変動の激しい食品や燃料を除いたコアインフレ率も11.8%と、04年初め以来の高い伸びとなった。これを受けて中央銀行は金融引き締め策を継続する姿勢だ。

中銀のチェティンカヤ総裁は1日、通貨安とエネルギー価格の上昇により、10月と11月はインフレが加速すると予告していた。物価上昇は12月から減速する見通しだが、当面は引き締め策を継続する。

2017/11/08

ポーランド9月失業率6.8%、過去最低を記録

ポーランド中央統計局(GUS)が10月24日発表した9月の失業率は前月(7%)を0.2ポイント下回る6.8%となり、統計を開始した1991年以来で最低値を記録した。失業者数は前月を1万9,000人下回る約112万人だった。

労働社会政策省は6.9%を予測していた。専門家は「失業率がこれ以上低くなることは考えられず、今後ほとんど変化はない」と話している。

2017/11/01

ハンガリー失業率、7-9月は4.1%に改善

ハンガリー中央統計局(KSH)が10月26日発表した2017年7-9月の失業率(15-64歳)...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/01

ロシア中銀が今年5度目の利下げ、政策金利8.25%に

ロシア中央銀行は27日、主要政策金利である7日物入札レポ金利を8.5%から8.25%へ引き下げ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/01

アルメニアで経済特区設立

アルメニアで建設が進むメグリ経済特区の整備が11月に完了する見通しだ。同国のスレン・カラヤン経...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/01

医師の待遇改善要求、必要予算は400億ズロチ=主要紙試算

ポーランドの医師が政府に待遇改善を求めている問題で、同国日刊紙『ジェチェポスポリタ』はこのほど...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/25

チェコ、9月インフレ率2.7%

チェコ統計局(CSU)が9日発表した9月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で2.7%上昇し...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/25

ハンガリーの9月インフレ率は2.5%、3カ月ぶり低下

ハンガリー中央統計局(KSH)が10日発表した9月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.5...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/18

スロバキア、最低賃金を10.34%引き上げ

スロバキア政府は11日、2018年の最低賃金を現行の435ユーロから480ユーロに引き上げるこ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/18

トルコの中期経済計画、年5.5%の成長を予想

トルコ政府は先月末、2018年から20年にかけての中期経済計画を発表した。政府は国内貯蓄や民間...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/18

セルビア政策金利3.5%に、2カ月連続で利下げ

セルビア中央銀行は9日、政策金利を0.25ポイント引き下げ、3.5%に設定した。中銀は先月、1...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/11

トルコの9月インフレ率11.20%、2カ月連続で上昇

トルコ統計局(TUIK)が3日発表した9月のインフレ率は前年同月比11.20%となり、6月(1...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/11

チェコ新車登録、1-9月は6.6%増

チェコ自動車輸入業者協会(SDA)が4日発表した2017年1-9月期の新車登録台数は20万5,...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/11

チェコ8月失業率2.9%、4カ月連続で完全雇用達成

チェコ統計局(CSU)が2日に発表した8月の失業率(季節調整済み)は過去2か月と同じ2.9%と...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/11

ルーマニア失業率、8月は5.1%

ルーマニア統計局(INS)が2日発表した8月の失業率(速報値、季節調整済み)は前月より0.1ポ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/11

ハンガリー失業率、6-8月は4.2%に改善

ハンガリー中央統計局(KSH)が9月27日発表した2017年6-8月期の失業率は4.2%となり...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/04

フィッチ、ロシア格付け見通し引き上げ

米格付け大手のフィッチは先ごろ、ロシアの格付け見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げた...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/04

ラトビアとクロアチアの格付け見通しを引き上げ=米S&P

米格付け大手スタンダード&プアーズ(S&P)はこのほど、ラトビアとクロアチアの格付け...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/27

ガスプロム、クロアチア企業と長期供給契約締結

ロシア国営ガス会社ガスプロムの輸出子会社ガスプロム・エクスポートは先ごろ、クロアチアの民間ガス...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/27

チェコ、8月インフレ率2.5%

チェコ統計局(CSU)が11日発表した8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で2.5%の上...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/20

ムーディーズ、スロベニアを2段階格上げ

米格付大手のムーディーズはこのほど、スロベニアの信用格付けを「投資適格級」の最低水準である「Baa3」から「Baa1」へ2段階引き上げた。見通しは「安定的」とした。

ムーディーズは格上げの理由として、国の予算編成の整理統合や債務削減、堅調な経済成長、金融部門の改革を挙げている。

2017/09/20

ロシア中銀が追加利下げ、政策金利8.5%に

ロシア中央銀行は15日、主要政策金利である7日物入札レポ金利を9%から0.5ポイント引き下げ、8.5%とした。物価が上がりにくい状況が続いているためで、今年4度目の利下げとなる。中銀のナビウリナ総裁は、半年以内に追加利下げする可能性を示唆した。

8月のインフレ率は3.3%と、ソ連崩壊後最低の水準まで低下し、中銀が目標とする4%を大幅に下回った。

2017/09/20

ポーランドのインフレ率、8月は1.8%

ポーランド中央統計局(GUS)が11日発表した2017年8月のインフレ率は前年同月比1.8%と...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/20

自動車が中東欧の基幹産業に=コファス調査

仏信用保険大手コファスが先ごろ発表した中東欧上位500社に関するレポートによると、同地域では従来の石油・ガス部門に替わり自動車及び輸送部門が最大の産業となったことがわかった。同部門の2016年の売上高は1,280億ユーロで、前年から8.6%増加した。最大の輸出先である西欧地域における自動車需要の増加が大きく貢献したと見られる。

上位500社に含まれる自動車及び輸送部門の企業数は102社で、全体に占める割合は2015年の17%から20%超に上昇した。

500社の2016年の売上高の合計は5,800億ユーロで、前年から0.6%減少した。純利益は3.1%減の263億ユーロだった。部門別では13部門のうち9部門で売上高が増加した。一方、売上高の減少が大きかったのは機械・精密機械(59.1%減)、エネルギー(7.3%減)、金属(6.4%減)、石油・ガス(5.4%減)だった。

同地域の10カ国では2016年の失業者数が前年比で10%以上低下した。減少幅が大きかったのはハンガリー(25%)とチェコ(21.6%)で、失業率はそれぞれ5.1%、4%となった。唯一エストニアでは失業者数が9.7%増加、失業率も6.8%に悪化した。

同地域の経済見通しについては、労働市場の改善を背景に民間消費が堅調に増加し、国内総生産(GDP)成長率は今年3.4%、来年は3.3%になると予想している。

2017/09/13

スロバキア失業率、4-6月期は8.1%に改善

スロバキア統計局が5日発表した2017年4-6月期の失業率は8.1%となり、前年同期比で1.5...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/13

ルーマニア4-6月成長率5.9%、製造業と消費支出がけん引

ルーマニア国家統計局(INS)が5日発表した2017年4-6月期の経済成長率は前年同期比で5....

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/13

セルビア中銀が利下げ、政策金利3.75%に

セルビア中央銀行は7日、政策金利を4.0%から3.75%に引き下げた。利下げは昨年8月以来13カ月ぶり。物価が上がりにくい状況が続く見通しであることから、利下げに踏み切った。

同国の7月のインフレ率は3.2%で、前月の3.6%から大きく縮小。価格変動の激しい食品や燃料を除いたコアインフレ率は1.7%にとどまった。

中銀は為替市場で通貨ディナールが上昇し、輸入コストが抑えられることなどで物価の基調が弱い状態が続くとして、金融緩和を決めた。

2017/09/13

トルコ経済好調、4-6月期も5%台を確保

トルコ統計局(TUIK)が11日発表した2017年4-6月期(第2四半期)の国内総生産(GDP...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/13

チェコの4-6月GDP、4.7%増に上方修正

チェコ統計局(CSU)が9月1日発表した2017年4-6月期(第2四半期)の国内総生産(GDP...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/06

トルコの7月貿易赤字、82.5%増加

トルコ統計局(TUIK)が8月29日に発表した7月の貿易赤字は88億4,300万米ドルとなり、...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/06

トルコのインフレ率、上昇に転換

トルコ統計局(TUIK)が5日発表した2017年8月のインフレ率は前年同月比で10.68%とな...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/06

ロシア経済の見通しが改善=ロイター通信調査

ロイター通信が8月31日にアナリスト及びエコノミスト計20人を対象に行った月次調査で、ロシア経...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/06

ベラルーシ鉱工業生産、1-7月期は6%増

ベラルーシ統計局がこのほど発表した2017年1-7月期の鉱工業生産高は前年同期比で6%増加した...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/06

日本とエストニア、租税条約に調印

日本の外務省は8月30日、エストニアと租税条約に調印したと発表した。二重課税を廃し、脱税・租税回避を防止する。両国が批准手続き完了の通告を行ってから30日後に発効する。

外務省によると、投資所得(配当・利子・使用料)に対する源泉徴収税率は、配当・利子が10%、使用料が5%となる。また免税の適用は、配当については議決権の保有割合が10%以上かつ保有期間が6カ月以上の株主、利子については政府・政府系機関が受け取る場合が対象となる。ただし、同特典を受けることが取引の主目的と判断された場合には認められない。

紛争解決に関しては、まずは税務当局間で協議し、2年を過ぎても解決できない事案については第3者から成る仲裁委員会に判断を求めることが定められた。

さらに両国間で租税に関する情報を交換するとともに、租税徴収において相互に支援することが約束された。

エストニア中央銀行によると、今年3月までの両国間の直接投資額(FDI)は、対エストニアで1,820万ユーロ、対日で10万ユーロとなっている。

2017/09/06

ポーランドGDP、4-6月は4.4%増

ポーランド中央統計局(GUS)が8月31日発表した2017年4-6月期(第2四半期)の国内総生産(GDP、速報値、季節調整済み)は実質ベースで前年同期比4.4%増となり、伸び率は前期を0.2ポイント上回った。

前期比では1.1%増で、3期連続で1%を超えた。16年1-3月期に0.1%減となったのを除き、13年1-3月期以降は増加基調を維持している。

中央銀行は今年3月、投資が活発化するとの予測から、今年のGDP伸び率が昨年の2.8%から3.7%に拡大するとの見通しを示した。

2017/09/06

ハンガリーの格付け見通し「強含み」に引き上げ=米S&P

格付大手のスタンダード&プアーズ(S&P)はこのほど、ハンガリーの格付け見通しを「安...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/06

トルコがベトナム、シンガポールと経済関係強化へ、

トルコのユルドゥルム首相は23日、訪問先のベトナムでグエン・スアン・フック首相と会談し、両国の貿易高を2020年までに現在の2倍の40億米ドルに拡大することで合意した。訪問にはトルコの企業関係者も多数同行した。

トルコからベトナムへの輸出高が昨年2億3,500万ドルにとどまったのに対し、ベトナムからの輸入高は17億3,000万ドルに上った。トルコは今回の合意を、ベトナムを含む東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国との関係拡大の足がかりとする意向だ。一方、欧州市場への輸出拡大を目指すASEAN各国にとってトルコは玄関口にあたることから、両国の関係強化は地域全体の成長につながると期待されている。

両国はまた、輸出加工区(EPZ)と経済特区(SEZ)を設立することを取り決めた。

このほか、防衛分野で協力することでも合意した。ベトナムは南シナ海問題を巡って中国の圧力を受けており、防衛力の刷新に努めている。従来は主にロシアから兵器供与を受けていたが、北大西洋条約機構(NATO)加盟国のトルコとも関係を深めて調達先の多様化を図る考えとみられる。

■シンガポールとも貿易拡大へ

これに先立ちトルコのゼイベクチ経済相は、10月1日に発効するシンガポールとの自由貿易協定(FTA)を受け、2018年末までに同国との貿易額を倍増させる意向を明らかにした。同国とシンガポールとの昨年の貿易額は、トルコの輸出が4億1,800万ドル、輸入が3億6,300万ドル。両国のFTAは2015年に合意が成立した。

先ごろ開催されたトルコ-シンガポール・ビジネスフォーラムに出席した同経済相は、同FTAはモノの生産や販売、サービス投資及び政府調達等において重要な意味を持つと述べると共に、トルコ企業が同国をASEAN諸国への投資の橋頭堡と捉えているとの見方を示し、両国の産業界の協力に期待を示した。

トルコのシンガポールへの輸出額は増加傾向にあり、今年上半期の輸出額は4億3,400万ドルに達した。輸入額は1億7,750万ドルだった。

2017/08/30

トルコとセルビア、農産品の貿易拡大へ

トルコとセルビア両政府は22日、農業貿易協定を締結した。同協定は主にヒマワリ油、果物及び野菜の...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/30

チェコ最低賃金、来年1月から引き上げ

チェコ政府は21日、月額最低賃金を来年1月1日付で1,200コルナ(45.9ユーロ)引き上げ、1万2,200コルナとすることを決定した。同時に1時間当たりの最低賃金を66コルナから73.2コルナに引き上げる。これにより最低賃金は平均賃金の40.5%に相当する水準となり、政府が目標としていた40%を上回ることになる。

政府はこれまでも、最低賃金引き上げは社会扶助への依存を減らすと共に就業意欲を高め、労働者の生活の質を保証するものとして重視してきた。(1CZK=4.97JPY)

2017/08/30

低コストの労働力が魅力=ブルガリア

ブルガリアでは近年、順調な経済成長によって雇用が創出され失業率も低下している。昨年の実質国内総...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/23

ロシア経済成長率、第2四半期は2.5%に

ロシア連邦統計局(ロススタット)が11日発表した2017年4-6月期(第2四半期)の国内総生産...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/23

トルコ自動車登録台数、6月は17%の大幅減

トルコ統計局がこのほど発表した6月の自動車登録台数(中古車を含む)は9万5,608台となり、前...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/23