東欧・中央アジア経済、今年は減速=世銀

世界銀行は9日発表した最新の世界経済見通しで、東欧・中央アジア地域経済の2018年成長率が前年の3.7%から0.8ポイント低下して2.9%になるとの予測を明らかにした。2017年に全体をけん引したトルコの景気減速が主因だ。一方でロシアやカザフスタンなどの資源輸出国は成長率が伸びるとみられている。

2017年は東欧・中央アジア地域の主要経済国であるロシアとトルコが好調だった。ロシアは原油価格の安定や金融政策の奏功、インフレ減速を背景に2年連続の景気後退から抜け出し、1.7%のプラス成長に転換した。

トルコは景気刺激策に加え、欧州連合(EU)の需要拡大や通貨リラ安で輸出が増加し、成長率が前年の3.2%から6.7%へ急上昇した。

中欧経済は西欧への輸出拡大や、消費の伸び、堅固な労働市場、景気刺激策などを追い風に成長を確保した。

カザフスタンはカシャガン油田の増産を力に、成長率を前年の1.1%から3.7%へ伸ばした。

18年の見通しをみると、トルコは景気刺激策の効果が薄れ、3.5%の成長にとどまる。中欧はEUの景気減速で輸出に影響が出そうだ。ポーランドの成長率は17年の4.5%から4%に低下、ハンガリーも3.9%から3.8%とわずかながら低下する。

一方、ロシアは原油安への対応が済み、今年も1.7%の成長が見込まれる。原油増産の効果が薄れるカザフスタンは2.6%のプラス、ウクライナは17年の2%から3.5%へ成長が加速する。

2018/01/17

ブルガリア、年央までにユーロ導入を正式申請

ブルガリアのゴラノフ財務相は11日、6カ月以内に欧州委員会に対し、欧州単一通貨ユーロの導入を正...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/17

ハンガリー鉱工業生産、11月は3.4%%増

ハンガリー中央統計局(KSH)が11日発表した2017年11月の鉱工業生産高(確報値、稼働日調...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/17

チェコの12月インフレ率2.4%、2カ月連続で低下

チェコ統計局(CSU)が10日発表した2017年12月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/17

スロバキア鉱工業生産、11月は6.2%増

スロバキア統計局が11日発表した2017年11月の鉱工業生産高(速報値、稼働日調整済み)は前年...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/17

クロアチアの信用格付けを引き上げ=フィッチ

英米系格付け大手のフィッチ・レーティングスは12日、クロアチア国債の格付けを外貨建て、自国通貨...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/17

トルコの10月失業率10.3%、2カ月ぶり低下

トルコ統計局(TUIK)が15日発表した2017年10月の失業率は10.3%となり、前月から0...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/17

ハンガリー失業率、9-11月は3.8%に改善

ハンガリー中央統計局(KSH)が4日発表した2017年9-11月期の失業率は3.8%となり、前...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/10

ハンガリー中銀、政策金利0.9%で据え置き

ハンガリー中央銀行は12月19日、主要政策金利である3カ月物固定預金金利を過去最低の0.9%に...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/10

チェコの11月インフレ率2.6%、5カ月ぶり低下

チェコ統計局(CSU)が先ごろ発表した2017年11月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/10

ルーマニア中銀が9年半ぶり利上げ、政策金利2%に

ルーマニア中央銀行の国立銀行(BNR)は9日、主要政策金利を1.75%から0.25ポイント引き...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/10

S&P、セルビアを「BB」に格上げ

格付け大手の米スタンダード&プアーズ(S&P)はこのほど、セルビアの信用格付けを従来の「BBマイナス」から「BB」に引き上げた。見通しは「強含み」。経済好調や経常赤字の削減などが評価された。

同国の経済成長率は2017年1-3月期に前期から1.4ポイント低下して1.1%まで縮小したものの、4-6月期に1.4%、7-9月期に2.1%と上昇に転じている。また、国内総生産(GDP)に対する経常収支の赤字額は、17年3月の4億520万米ドルをピークに10月は1億440万ドルまで縮小している。

2018/01/10

トルコの12月インフレ率11.9%、5カ月ぶり低下

トルコ統計局(TUIK)が3日発表した2017年12月の消費者物価指数(CPI)の上昇幅は前年...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/10

トルコの9月失業率10.6%、前月から横ばい

トルコ統計局(TUIK)が先ごろ発表した2017年9月の失業率は10.6%となり、前月から横ば...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/10

トルコ中銀、上限金利を0.5ポイント引き上げ

トルコ中央銀行は14日、政策金利のうち事実上の上限金利として機能している「後期流動性貸出金利」...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/20

トルコ鉱工業生産、10月は7.3%の上昇

トルコ統計局(TUIK)が先ごろ発表した10月の鉱工業生産指数(稼働日調整済み)は前年同月比で...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/20

露中銀が今年6度目の利下げ、政策金利7.75%に

ロシア中央銀行は15日、主要政策金利の7日物入札レポ金利を8.25%から0.5ポイント引き下げ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/20

ユーラシア経済連合、統合の深化進まず

ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン及びアルメニアが加盟するユーラシア経済連合(EE...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/20

チェコ10月鉱工業生産5.3%増、自動車が好調

チェコ統計局(CSU)が7日発表した10月の鉱工業生産高は前年同月比5.3%増となり、上げ幅は...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/20

スロバキアGDP、7-9月期は3.4%増

スロバキア統計局が先ごろ発表した2017年7-9月期の国内総生産(GDP)は実質ベースで前年同...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/20

ブルガリアGDP、過去20年で2倍に=経済副首相

ブルガリアのマノレフ副経済相はこのほど開かれたブルガリア経済フォーラム設立20周年式典で、同国...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/20

露中銀が今年6度目の利下げ、政策金利7.75%に

ロシア中央銀行は15日、主要政策金利の7日物入札レポ金利を8.25%から0.5ポイント引き下げ...

この記事はEUウオッチャーオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/18

ハンガリー7-9月GDP、3.9%に拡大

ハンガリー中央統計局(KSH)が5日発表した2017年7-9月期(第3四半期)の国内総生産(G...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/13

ルーマニア最低賃金、来年から31%引き上げ

ルーマニア政府はこのほど、最低賃金を来年1月1日付で月額1,900レウ(約409ユーロ)に引き上げることを閣議決定した。現行の1,450レウ(312ユーロ)から31%の増額となる。1カ月当たりの平均就労時間を166.67時間とした場合、時給は11.4レウとなる。

手取り額(月額)は社会保険料の徴収方法の変更に伴い50レウ(4.3%)の上昇にとどまり、1,162レウ(250ユーロ)となる。社会保険料は1月1日から、それまでの雇用者負担から被雇用者負担に切り替わる。(1RON=28.66JPY)

2017/12/13

ルーマニア7-9月成長率8.8%、農業・製造業と消費支出がけん引

ルーマニア国家統計局(INS)が5日発表した2017年7-9月期の経済成長率は前年同期比で8....

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/13

トルコ成長率、第3四半期は11.1%に

トルコ統計局(TUIK)が11日発表した2017年7-9月期(第3四半期)の国内総生産(GDP...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/13

ボーイング、トルコの航空宇宙産業の支援計画

米航空機大手ボーイングは先ごろ、トルコの航空宇宙産業の発展を促進する「国家航空宇宙イニシアチブ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/06

トルコの11月インフレ率、14年ぶりの高水準に

トルコ統計局(TUIK)が4日発表した2017年11月のインフレ率は前年同月比12.98%とな...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/06

中東欧、景気過熱の恐れ

景気回復が進む欧州で、特に中東欧経済成長が好調だ。欧州連合(EU)統計局が発表した今年7-9月期の中東欧諸国の国内総生産(GDP)伸び率(前年同期比)は、ルーマニアの8.6%を筆頭に、ポーランドとチェコが5%、ラトビアが6.2%、スロバキアとリトアニアが3.4%となるなど、多くがEU平均の2.5%を上回った。しかし、景気の過熱によるインフレなどの懸念があるほか、同諸国は人口流出に伴う労働力不足や生産効率の停滞など構造的な問題も抱えている。特にポピュリスト的な政権の政策によって改革が停滞する可能性が指摘されている。

中東欧諸国は10年ほど前にも同様の好景気に沸いた。2008年に金融危機が発生した際に投資家は資金を引き揚げてしまい、政府は支出を抑制、多くの国が不況に陥った経験がある。

景気の過熱については、国際通貨基金(IMF)は高い成長率が続けばインフレの高進を招くと指摘する。また同地域の潜在成長率は中欧諸国で平均2.3%、バルト諸国では3%と経済危機前に比べ半分まで低下していることも懸念材料だ。

現在インフレ率は目標値の範囲内に収まっている。これは消費財の輸入元である他のEU諸国の物価上昇が低く抑えられているためだ。貸出金利は低く市場は安泰なように見える。

しかし中東欧は景気回復の足かせとなりかねないいくつかの課題に直面している。第1の懸念材料は平均年齢の上昇と人口の国外流出だ。過去25年の間に総人口の5.5%に当たる2,000万人が国外に移住した。移住者は特に若者や高学歴層が多い。例えばラトビアでは2000年以来労働人口のおよそ4分の1が失われた。経済危機の間は人口流出によって失業率が低下したが、現在では逆に労働力の不足が問題となっている。賃金の上昇で投資が進まず生産性向上の妨げとなる危険性がある。

IMFによると2014年以来中東欧諸国の給与水準は4.5%上昇した一方で、生産性の伸びは2%にとどまった。給与の伸びが競争力の低下を招くと共に消費を過熱させる恐れも出てきた。

第2の懸念材料は政治的なものだ。中東欧諸国では過去25年間、様々な課題を克服するために政治的に難しい決定がなされてきた。同地域の生産性上昇の背景には、市場の自由化、国有資産の民営化、補助金削減、汚職対策などがある。しかし最近の経済危機はこれら諸国における政治的な光景を一変させた。

いくつかの国は投資による生産性上昇を目指すことなく社会保障費を増額した。例えばルーマニアでは高い水準の経済成長が続いているにもかかわらず4-6月期の財政赤字はEU加盟国中最高となる国内総生産(GDP)の4.1%に上る。そのためさらに景気が過熱する恐れがある。ポピュリスト的な政権は困難な決定を避ける傾向がある上、すでに実施されている改革を巻き戻す可能性すらある。労働力不足に対処するには、女性や高齢者の労働意欲を引き出す労働市場改革や移民受け入れの緩和、教育水準の向上、健康医療システムの改善などの改革が必要だ。

また関連して重要なのは制度の強化だ。世銀の世界ガバナンス指数と1人当たりGDPには相関関係がある。中東欧ではポーランドとハンガリーの新法によって中銀と司法の長期的な独立性が脅かされている。

欧州復興開発銀行(EBRD)のシュチュレク氏は、こうした課題は中東欧が過去に直面してきた問題に比べれば悪いものではないという。しかしポピュリスト的な政権によって、これまでの改革によって手に入れた果実が無に帰する可能性があると警告する。生活水準を西欧並みに引き上げるためには、経済が好調な時であっても政府が困難な決定を行う能力があることを示す必要があると同氏は指摘している。

2017/12/06

ポーランドQ3経済成長率、4.9%へ上方修正=中央統計局

ポーランド中央統計局(GUS)が11月30日発表した2017年7-9月期の国内総生産(GDP)...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/06

チェコ7-9月成長率5%、15年7-9月以来の上げ幅に

チェコ統計局(CSU)が12月1日発表した2017年7-9月期(第3四半期)の国内総生産(GD...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/06

ハンガリー平均賃金、1-9月の上昇率12.8%

ハンガリー中央統計局(KSH)が22日発表した賃金統計によると、2017年1-9月の平均名目賃...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/29

スロバキアの10月失業率、6.14%に改善

スロバキアの中央労働社会家族局が20日に発表した10月の失業率は6.14%となり、前年同月比で...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/29

中東欧諸国の景気好調、消費が成長をけん引

中東欧の欧州連合(EU)加盟国の経済が好調だ。7-9月期(第3四半期)の国内総生産(GDP)は...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/22

ポーランド10月インフレ率2.1%、食品価格上昇がけん引

ポーランド中央統計局(GUS)が13日発表した2017年10月のインフレ率は前年同月比2.1%...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/22

ハンガリー鉱工業生産、9月は8.1%増

ハンガリー中央統計局(KSH)が13日発表した2017年9月の鉱工業生産高(確報値、稼働日調整...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/22

スロバキアの10月のインフレ率1.7%、4カ月連続で上昇

スロバキア統計局が13日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で1.7%上昇し、...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/22

ルーマニア、10月のインフレ率は2.6%

ルーマニア国家統計局(INS)が10日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で2...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/22

トルコの8月失業率10.6%、4カ月ぶり低下

トルコ統計局(TUIK)が15日発表した8月の失業率は10.6%となり、前月の10.7%から0...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/22

ロシア経済成長率、第3四半期は1.8%に低下

ロシア連邦統計局(ロススタット)が13日発表した2017年7-9月期(第3四半期)の経済成長率(速報値)は前年同期比で1.8%にとどまり、2.5%の伸びを示した前期に比べて減速が顕著となった。個人消費は堅調さを保っているが、休日が1日多かったことや、設備投資の不振が足を引っ張ったもようだ。ただ、原油相場の回復で、ロシア経済が成長基調にあることには変わりがない。

4-6月期(第2四半期)の成長をけん引した要因の一つは、設備投資だった。大型建設事業や国の助成を背景とした鉄道車両・農業機械の調達拡大で、前年同期比で6%伸びた。第3四半期はその効果が続かず、投資が鈍ったとみられる。

また、ロシアは昨年9月、主要産油国による減産合意をにらんで原油生産を大幅に増やした。これにより、比較ベースとなる16年第3四半期の国内総生産(GDP)が押し上げられたことも成長を難しくしたもようだ。

しかし、主要産物である原油の相場が昨年以来、上昇していることから、ロシアの景気が拡大局面にあることは間違いない。今年上半期の成長率は1.5%だったが、国際通貨基金(IMF)と欧州復興開発銀行(EBRD)は今月に入り、通期成長見通しを1.8%へ引き上げている。

2017/11/15

ハンガリーの10月インフレ率2.2%、2カ月連続で低下

ハンガリー中央統計局(KSH)が9日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.2...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/15

チェコの10月インフレ率2.9%、2カ月連続で上昇

チェコ統計局(CSU)が9日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で2.9%増加...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/15

ウクライナ貿易統計

2017/11/15

クロアチア、7~8年後ユーロ導入=プレンコビッチ首相

クロアチアのプレンコビッチ首相は10月30日、今後7~8年以内に欧州単一通貨ユーロを同国に導入...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/08

チェコ中銀が追加利上げ、政策金利0.5%に

チェコ中央銀行(CNB)は3日、主要政策金利である14日物レポ金利を0.25ポイント引き上げ、0.5%とした。利上げは今年に入って8月に続く2回目。金融引き締めを継続して景気の過熱を抑制する考えだ。ロンバート金利(上限金利)も0.5ポイント引き上げて1%とした。公定歩合(下限金利)は0.05%に据え置いた。

チェコでは好調な経済を背景に賃金が上昇し、インフレ率が目標を上回る水準で推移している。中銀は8月に9年半ぶりに金利を引き上げたが、その後もインフレ圧力が強まっていることから追加利上げに踏み切った。

2017/11/08

チェコ9月失業率2.7%、5カ月連続で完全雇用達成

チェコ統計局(CSU)が10月31日に発表した9月の失業率(季節調整済み)は2.7%となり、5...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/08

ルーマニア失業率、9月は5%

ルーマニア統計局(INS)が10月31日発表した9月の失業率(速報値、季節調整済み)は前月より...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/08

トルコのインフレ率、10月は9年ぶり高水準に

トルコ統計局(TUIK)が3日発表した10月のインフレ率は前年同月比で11.9%となり、前月の11.2%から0.7ポイント拡大した。これは2008年8月以来の高水準。価格変動の激しい食品や燃料を除いたコアインフレ率も11.8%と、04年初め以来の高い伸びとなった。これを受けて中央銀行は金融引き締め策を継続する姿勢だ。

中銀のチェティンカヤ総裁は1日、通貨安とエネルギー価格の上昇により、10月と11月はインフレが加速すると予告していた。物価上昇は12月から減速する見通しだが、当面は引き締め策を継続する。

2017/11/08

アルメニアで経済特区設立

アルメニアで建設が進むメグリ経済特区の整備が11月に完了する見通しだ。同国のスレン・カラヤン経...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/01

ポーランド9月失業率6.8%、過去最低を記録

ポーランド中央統計局(GUS)が10月24日発表した9月の失業率は前月(7%)を0.2ポイント下回る6.8%となり、統計を開始した1991年以来で最低値を記録した。失業者数は前月を1万9,000人下回る約112万人だった。

労働社会政策省は6.9%を予測していた。専門家は「失業率がこれ以上低くなることは考えられず、今後ほとんど変化はない」と話している。

2017/11/01