ヨーロッパの最新経済・産業ニュース・企業情報を
欧州経済の中心地ドイツからご提供

2023/12/19

東欧経済ニュース速報

ウール包装材のウーラ、250万ユーロを調達

持続可能な包装材を手がけるエストニアのウーラは13日、250万ユーロを調達した と発表した。調達資金で営業・販売業務を強化する。同社は壊れやすい品物を包む 羊毛製の緩衝材を開発した。プラスチック製の「プチプチ」(バブルラップ・クッ ション)に代わる環境商品として、クッション封筒や包装材を手掛ける。 プラスチック包装材は年間1億4,100万トン生産されているが、そのうちリサイクル されるのはわずか14%に過ぎない。一方で欧州諸国では羊毛生産量の最大9割に上 る約20万トンが焼却・埋め立て処分されている。繊維として使うには品質が劣るた めだ。 2020年の創業当時、ウーラの狙いは電子商取引(EC)で多用されるバブルラップ・ クッションの付いた封筒の代替品を作ることだった。しかし、今は高級・奢侈品の 包装材としても売り込みをかけている。 アナリーサ・パラトゥ最高経営責任者(CEO)によると、仏高級ブランドLVMHグ ループの2社がすでに包装材をウーラ製のものに切り替えた。そのうちの1社とは循 環経済のパイロットプログラムを進めているところだ。LVMHは環境ロードマップ で、26年までに化石資源ベースの新品プラスチックを包装材に使うことをやめる方 針を掲げている。 今回の資金調達では、エストニアのメタプラネットがリードインベスターを務め、 やはりエストニアのレモネード・スタンドと、エンジェル投資家が参加した。メタ プラネットとレモネード・スタンドは21年以来、ウーラに投資している。