ヨーロッパの最新経済・産業ニュース・企業情報を
欧州経済の中心地ドイツからご提供

2022/7/20

ドイツ経済ニュース速報

BASFが日本で正極材の生産能力拡大

化学大手の独BASFは20日、日本で展開する戸田工業との合弁会社BASF戸田バッテリーマテリアルズ(BTBM)でハイ・ニッケル系正極材料(CAM)の生産能力を増強すると発表した。需要の拡大に対応するとともに、日本でのサプライチェーンを強靭化する狙い。投資額は明らかにしていない。 小野田事業所で増設ラインの建設を第4四半期に開始し、2024年下半期から商業生産を開始する。25年までにBTBMのCAM年産能力を6万トンまで拡大する計画だ。バッテリーセル容量で年45ギガワット時(GWh)となる。 BTBMは15年の設立で、BASFが66%、戸田工業が34%を出資している。