ヨーロッパの最新経済・産業ニュース・企業情報を
欧州経済の中心地ドイツからご提供

2024/5/17

ドイツ経済ニュース速報

ダイムラーとボルボが合弁、大型トラック用SDVプラットフォームを共 同開発

欧州商用車大手のダイムラー・トラックとボルボ・グループは17日、ソフトウエア定 義車(SDV)用のプラットフォームと専用のOSを大型トラック向けに共同開発するこ とで基本合意したと発表した。開発のコストと時間を削減するとともに、トラックOS の分野で業界標準を構築する狙い。年内の最終合意を見込む。当局の承認を経て来年 第1四半期に取引が完了すると予想している。 折半出資の合弁会社をスウェーデン南部のイェーテボリに設立する。両社は関連の技 術と資源を持ち寄る。 SDVでは従来型の車両と異なり機能がソフトによって設定される。OTA(オーバー・ ジ・エア)を通して簡単に更新・追加できる。車両は今後、SDV化する見通しで、 メーカー各社は開発を急いでいる。 SDV化に向けた取り組みはこれまで乗用車業界が中心だった。ダイムラー・トラック とボルボ・グループはこれをトラック分野で推進する意向だ。ボルボ・グループの マーティン・ルンドステッド会長は、「標準化されたハードウエアと迅速な製品アッ プデートを実現する標準OSを搭載する、プログラム可能な車両にトラックを転換でき れば、両社は独自のデジタルサービスと車両機能を通して顧客とその先の顧客に付加 価値を提供できるようになる」と述べた。 両社は共同開発するSDV用OSを他の商用車メーカーも利用できるようにする。これに より標準化の主導権を握る狙いだ。同OS上で動く応用ソフトを開発するためのプラッ トフォームも開発し、同OS採用の各メーカーが必要とする応用ソフトを独自開発でき るようにする。 自動車業界では現在、CASE(「コネクテッド」「自動運転」「シェアリングとサービ ス」「電動化」)呼ばれる歴史的な大変動が進んでいる。これに対応するためには莫 大な時間とコストを要することから企業間の協業が活発化。ダイムラー・トラックと ボルボ・グループは燃料電池の開発ですでに協業している。