事業戦略コンサルティング

ベンチマーク・市場参入/事業拡大・M&A等、欧州の戦略を支援

概要

事業戦略コンサルティングは、考えることを支援するサービスです。
事業の方向性を検討する上で必要な課題である

  • どこで (例: 業界構造の整理 etc…)
  • 何を (例: 新市場への事業展開、競合ベンチマーク etc…)
  • いつ (例: 市場の方向性に関するシナリオ分析 etc…)
  • 誰と (例: M&A/アライアンス先の候補出し etc…)

実行するかを、情報収集・分析することで貴社と一緒に考え抜きます。

詳細

本サービスでは経験豊富なコンサルタントが弊社独自のデータベース・調査力を駆使し、ベンチマーク・市場参入/事業拡大・M&A等、貴社の欧州事業に関する戦略策定業務を支援致します。
戦略策定のための仮説作成から検証(調査)までを包括支援することで意思決定に直結した検討を行うため、貴社の労力や時間を浪費することなく効率的にプロジェクトを進めます。
また弊社は26年間、ドイツにて日系大手企業・政府へサービスを提供しており、約600件以上の欧州の調査/戦略プロジェクトの実績があります。

よくある悩み

  1. 検討を進めたいが調査の進め方のナレッジが不足。
  2. 調査項目が多く、手が回らないし、予算も不足。
  3. 調査を行ったが、事業戦略の意思決定に繋がらない。

弊社サービス(解決策)

数ある調査事項の中から、意思決定のために本当に必要な情報(論点)を明確にし、効率的に調査を実施する。ゆえに、検討結果も事業戦略の意思決定に必要なインプットとなる。

プロジェクト例

例1)

欧州で事業を展開しているがドイツは未開拓であると悩む日系企業様に対して、ドイツ進出のために明らかにすべき論点と検討プロセスを提示。また、プロジェクトを3段階に分けることで小規模予算からサービスの提供を開始。継続的な戦略検討/調査支援が可能。

例2)

アジアで猛威を振るうドイツ企業へ対応するために、在欧州日系企業様は日本本社より調査結果をまとめるよう依頼されていた。当該企業様に対し、日本本社が意思決定を下すために本当に必要な論点(調査事項)を整理・明確化し、それに沿ったプロジェクトをご提案。

課題検討プロセス例

アウトプット例

オプションサービス

日本本社へ報告する役員会議資料の作成支援も、追加オプションで対応可能

まずは貴社の課題(検討のテーマ)を、弊社までお知らせください。

【電話】
+ 49 (0)69-5480950

or

【E-mail】
h.wada@fbc.de

(担当者名): コンサル事業部門長 和田秀之

事業戦略コンサル問い合わせ

ご氏名*
email*
会社名*
部署名
電話番号
住所

御社の課題(検討のテーマ)
詳細内容

▲このページのトップへ