2019/12/18

東欧自動車

ハンガリー企業参加のトラック自動運転実証プロジェクト、成功裏に終了

この記事の要約

同プロジェクトには欧州4カ国の7企業・機関が参加し、欧州衛星測位システム「ガリレオ」及びガリレオと連携するセンサーの信号を組み合わせて、トラックが安全かつ効率的に車線を変更するシステムの実現を目指していた。

「プロパート」では、ガリレオの信号を活用するとともに、他の測位・センサー技術と組み合わせることで、精度の高い、新しい移動体測位システム(リアルタイムキネマティック:RTK)を開発した。

プロパートは、欧州連合(EU)の研究・イノベーションを対象とした資金助成プログラム「ホライズン2020」の枠内で実施されたもので、ガリレオ計画を統括する欧州全地球航法衛星システム監督庁(GSA)が助成金を支給した。

車車間・路車間(V2X)通信技術を手がけるハンガリーのコムシグニア(Commsignia)らが実施していたトラック自動運転実証プロジェクト「プロパート(ProPART)」がこのほど成功裏に終了し...