2019/7/5

欧州自動車短信

Continental<欧州自動車短信>

この記事の要約

原料価格の高騰を受けたもので、年内に実施する。

同社の広報担当者は主原料となる石油や生ゴムが値下がりしたにも関わらず値上げする理由を、「下がったといえ以前に比べるとまだ高く、これまでも値上がり分の一部しか価格に反映できなかった」と説明した。

今年は原料価格の高騰により約3億ユーロの負担が生じる見通しという。

独自動車部品大手のコンチネンタル

はこのほど、独南部のオッペンヴァイラーにあるコンチテック・キューナーのクーラントライン工場を閉鎖する方針を同工場の従業員に伝えた。同工場には現在、従業員340人が...