2019/9/30

EU情報

ドイツ出身のECB理事が10月末に退任、ドラギ総裁の緩和路線に反発

この記事の要約

欧州中央銀行(ECB)は25日、ドイツ出身のラウテンシュレーガー専務理事が10月末に退任すると発表した。

2014年に専務理事に就任したラウテンシュレーガー氏は、任期を2年余り残して退任することになる。

なお、ECBではドラギ総裁が10月末に8年間の任期を終えて退任し、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事が11日1日付で新総裁に就任する。

欧州中央銀行(ECB)は25日、ドイツ出身のラウテンシュレーガー専務理事が10月末に退任すると発表した。理由は明らかにしてされていないが、同氏はドラギ総裁が進める緩和路線に批判的な立場を取ってお...