2015/1/28

ルーマニア・ブルガリア・その他南東欧・トルコ

ムーディーズのスロベニア信用格付け、「投資適格級」に復帰

この記事の要約

米国の大手格付会社ムーディーズは23日、スロベニアの信用格付けを「投資適格」の最低水準である「Baa3」へ1段階引き上げた。見通しは「安定的」。「投機的」水準から脱したことで、10年国債の利率は発表直後に6ポイントも低下 […]

米国の大手格付会社ムーディーズは23日、スロベニアの信用格付けを「投資適格」の最低水準である「Baa3」へ1段階引き上げた。見通しは「安定的」。「投機的」水準から脱したことで、10年国債の利率は発表直後に6ポイントも低下した。

財政再建が進むとともに、国内金融部門の安定化に成功したことが評価された。独貯蓄銀行系の投資会社ランデスバンク・ベルリン・インベストメントのローマイヤー新興国債マネジャーは、「投機的水準への格下げ判断の誤りを修正した形」とコメント。他の格付会社と比べてもムーディーズのスロベニア格付けが低かったことを指摘した。

スタンダード&プアーズの格付けは「投資適格」の下から4つめの水準である「Aマイナス」、フィッチは下から3番目の「BBBプラス」。見通しはいずれも「安定的」となっている。