シュコダの本社拠点、小型部品倉庫を自動化

2018年11月21日発行 No.1090号

独フォルクスワーゲン(VW)のチェコ子会社シュコダは13日、生産本拠地であるムラダー・ボレスラフ工場で小型部品の自動倉庫(ASPW)を開所した。2025年までの長期事業戦略で掲げる生産デジタル化...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
▲このページのトップへ