2020/3/25

総合 - 東欧経済ニュース

ECBが追加量的金融緩和を緊急決定、新たに7500億ユーロの資産購入

この記事の要約

国債などの資産を2020年末までに追加で7,500億ユーロ(約89兆円)購入する。

さらに、ユーロ圏各国の国債の3分の1以上は購入せず、各国のECBへの出資割合に応じて購入するという自主規制を解除し、柔軟に買い取りを進めることを決めた。

資産購入は新型コロナウイルス危機が終息したと判断するまで続けるが、少なくとも年末まで実施する。

欧州中央銀行(ECB)は18日、電話による緊急政策理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大によるユーロ圏経済の悪化、金融市場の動揺を抑えるため、量的金融緩和の拡大を決めた。国債などの資産を20...