2020/3/25

総合 - 東欧経済ニュース

ポーランドが5年ぶりに利下げ、主要政策金利1%に

この記事の要約

ポーランド中央銀行は17日、主要政策金利である7日物レファレンス金利を従来より0.5ポイント低い1%に設定した。

新型コロナウイルスによる経済への打撃を緩和する目的で、金融緩和に向けた他国の動きと軌を一にする。

同時に、銀行の減益を緩和するため、準備預金に対する金利を0.5%から1%へ引き上げた。

ポーランド中央銀行は17日、主要政策金利である7日物レファレンス金利を0.5ポイント引き下げ、1%に設定した。利下げは2015年3月以来。新型コロナウイルス感染拡大による経済の打撃を緩和する目的...