欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2019/11/13

企業情報

エネルコン―受注激減で最大3000人の雇用削減―

この記事の要約

独風力発電設備大手のエネルコンで受注が激減していることが8日、明らかになった。

国内市場が低迷しているのは、陸上風力発電パークの◇認可手続きが長期化している◇用地確保が難しくなっている◇設置プロジェクトに反対する住民が各地で訴訟を起こしている――ためだ。

政府は住宅地と風力発電パークの距離を最低1キロにするという新規制の導入を目指しており、これが実現すると国内のパーク建設は一段と停滞する恐れがある。

独風力発電設備大手のエネルコンで受注が激減していることが8日、明らかになった。国内市場の低迷が響いており、同社とサプライヤーで最大3,000人の人員整理が避けられない状況だ。

エネルコンは風力発電...