FBC

ログイン Menu

「被用者の25%がコンピューターで代替可能」=公的研究機関

2018年2月16日

コンピューターやロボットによる業務の代行が可能な仕事に従事する人の割合が急速に増えていることが、連邦雇用庁(BA)傘下の労働市場・職業研究所[…]

この記事は、ドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。

▲このページのトップへ