2012/8/3

企業情報 - 自動車メーカー

VW、中国に新工場を開設

この記事の要約

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)と中国の上海汽車(SAIC)との合弁会社である上海フォルクスワーゲン(SVW)は7月26日、中国東部の揚州に建設した新工場を稼働した。同工場は年約30万台の生産能力を持つ。\ 同工 […]

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)と中国の上海汽車(SAIC)との合弁会社である上海フォルクスワーゲン(SVW)は7月26日、中国東部の揚州に建設した新工場を稼働した。同工場は年約30万台の生産能力を持つ。

\

同工場はVW「ポロ」を生産する中国では2番目の工場となり、同モデルの生産の柔軟性が大幅に向上する。VWのチェコ子会社であるシュコダのモデルも生産する計画。

\

揚州は上海から北に約300キロメートルの距離にある。従業員数は約3,700人。プレス工程から車体製造、塗装、最終組み立てまでの設備を持つ一貫生産工場となる。

\

約130万平方メートルの工場敷地内には技術試験センターや従業員の訓練施設などもある。また、太陽光発電を利用した充電設備もあり、工場内で使用するフォークリフトや電動自転車を充電できる。

\

中国はVWグループにとって世界最大の市場となっており、2011年は中国で226万台を出荷した。2012年上半期の出荷台数は前年同期比17.5%増の129万9,800台に達している。

\