• 速報ニュース一覧
  • FBCの無料公開記事一覧
  • ドイツ経済ニュース | 12/19号
  • 自動車産業ニュース | 12/21号
  • 東欧経済ニュース | 12/12号
  • 欧州経済ニュース | 12/17号
  • 会社案内
  • 事業内容
自動車産業ニュース

VW、カーシェアリング事業に参入

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は4日、カーシェアリング事業に参入する計画を発表した。顧客プラットフォーム「WE」を立ち上げ、顧客ニーズに応じてカーシェアリングなどさまざまな移動サービスを提供していく。当該サービス(ビークル・オン・デマンド・サービス)は、2019年にドイツで開始し、2020年には欧州、北米、アジアの大都市にも拡大する。また、同サービスに使用する車両は全面的に電気自動車とする計画。

VWのユルゲン・スタックマン販売担当取締役は新サービスの立ち上げに際し、「我々はカーシェアリング市場にはまだ潜在性があると確信している。だからこそ、数分の短距離移動から数週間の休暇旅行まであらゆる移動需要(モビリティニーズ)を網羅する包括的なコンセプトを提供する」と説明した。「WE」では、カーシェアリングのほか、電動キックボードや駐車支援アプリなども利用できるようにする。

「WE」を通して提供するサービス(ビークル・オン・デマンド・サービス)は、VWの100%子会社UMI Urban Mobility International GmbH(ベルリン)が統括する。同子会社は差し当たり、従業員約30人の体制でスタートする。

■ モイアのサービスを補足

VWによると、「WE」を通した移動サービスは、VWの子会社モイア(MOIA)が提供するライド・ヘイリングおよびライド・プーリングサービスを補う形となる。

モイアのサービスは、乗客のニーズに合わせて車両を運行するオンディマンド方式のサービスで、目的地が同じ方向の人が共同で車両を利用することができる。

モイアは2017年10月からドイツのハノーバーで試験運行を実施しており、2018年6月26日のプレスリリースで同市から正式の営業許可を取得したと発表した。具体的なサービス開始時期は後日発表する予定。モイアは2019年にはハンブルクでもサービスを開始する予定。

申し込み

6ヶ月 600 EURO / 12ヶ月 1000 EUR

週刊ニューズレター : 毎週水曜日にPDF配信・web公開
速報 : 毎日メール配信・web公開
ご氏名*
NAME*
会社名*
COMPANY
部署名
email*
電話番号
住所

ニューズレター購読 ドイツ経済ニュース東欧経済ニュース欧州経済ウォッチャー自動車産業ニュース
無料トライアル ドイツ経済ニュース東欧経済ニュース欧州経済ウォッチャー自動車産業ニュース

※トライアルは2週間です。ニューズレター配信、インターネット会員登録が可能です。(速報配信は対象外)

お申込日*
VAT ID NO
質問など

フォームを送信しただけでは契約は完了しません。3営業日内に弊社よりご連絡いたします。