ホリバ・ヨーロッパ、独フュエルコンを買収

2018年8月24日発行 No.655号

堀場製作所(京都府京都市)はこのほど、グループ会社のホリバ・ヨーロッパ(ドイツ)が電動車両用の燃料電池やバッテリーの試験装置を開発・製造するドイツのフュエルコン(FuelCon)を買収すると発表した。両社は8月10日、フュエルコンの株式の100%を取得する株式譲渡契約を締結した。フュエルコンの買収により、電動車両に関する評価試験のノウハウを取得し、内燃機関から電動車両まで広範囲にわたる車両試験のソリューションを提供できるようにする。

堀場製作所の発表によると、同社は自動車計測システム事業における国際的な競争力を強化するための提携先を探していた。世界で電動車市場が急速に拡大する中で、フュエルコンの買収により、電動車両向けの計測機材事業を強化する。

フュエルコンは2001年の設立で、ドイツ北部のザクセンアンハルト州マクデブルク・バルレーベンに本社を置く。電動車両用のバッテリーや燃料電池のテストベンチの開発など、次世代車両に関する技術やノウハウを持つ。

堀場製作所の自動車計測技術とフュエルコンの電動車両に関する評価試験のノウハウを統合し、より幅広い市場ニーズに対応できるようになる。フュエルコンにとっても、よりグローバルな市場での事業展開が可能になる。株式譲渡手続きの完了は2018年9月を予定している。

▲このページのトップへ