米ビステオン、独カールスルーエに運転席用電子部品の開発拠点開設

2018年11月23日発行 No.668号

米自動車部品大手のビステオンは15日、独カールスルーエにコックピット・エレクトロニクス部品の研究開発拠点を開設したと発表した。ドメインコントローラーや自動運転関連の技術開発を強化し、欧州の自動車...

この記事は自動車産業ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
▲このページのトップへ