2010/5/26

チェコ・スロバキア

チェコ工業生産者物価、16カ月ぶりプラス

この記事の要約

チェコ統計局(CSU)が17日発表した4月の工業製品生産者物価指数は前年同月比で0.4%上昇し、16カ月ぶりにプラスに転じた。前月比では0.7%のプラスだった。\ 主要3セクターの生産者物価は、鉱業が0.8%、製造業が0 […]

チェコ統計局(CSU)が17日発表した4月の工業製品生産者物価指数は前年同月比で0.4%上昇し、16カ月ぶりにプラスに転じた。前月比では0.7%のプラスだった。

\

主要3セクターの生産者物価は、鉱業が0.8%、製造業が0.3%上昇した一方、電力・ガスが1.1%低下した。製造業のなかでは、コークス・石油精製品が42.6%、化学製品が21.3%の幅で上昇した一方、金属製品は5.9%、食品・飲料は3.9%、輸送機器は5.2%の低下となった。製品ごとの区分けでみると、エネルギーが8.3%上昇、資本財が3.2%低下、中間財が0.5%低下、耐久消費財が横ばい、非耐久消費財が3.7%低下。

\

一方、4月の農業生産者物価指数は、前年同月から4.5%低下。内訳は農作物が同マイナス10.8%、畜産物がプラス2.5%だった。このほか、建設生産者物価指数はマイナス0.2%、サービス生産者指数はマイナス1.7%だった。

\