2010/6/16

ハンガリー

マジャール・スズキ、新型「スイフト」生産開始

この記事の要約

スズキは10日、ハンガリー子会社マジャール・スズキのエステルゴム工場で、小型車「スイフト」の新モデルの量産を開始した。\ スイフトは世界戦略車として2004年に日本、欧州、中国、インドを中心に世界各国へ投入され、その走行 […]

スズキは10日、ハンガリー子会社マジャール・スズキのエステルゴム工場で、小型車「スイフト」の新モデルの量産を開始した。

\

スイフトは世界戦略車として2004年に日本、欧州、中国、インドを中心に世界各国へ投入され、その走行性能やデザインが世界的に高い評価を受けている小型車。累計販売台数は165万台を超えている。新モデルは全長3,850ミリと現行モデルより90ミリ長く大型化したほか、新型エンジンの採用による燃費の向上や、7エアバッグの標準装備で安全面を強化した。今秋からハンガリーやドイツ、イギリス、イタリアなど欧州各国で順次販売を開始する予定だ。

\

エステルゴム工場では、新型スイフトを初年度に4万台生産し、将来的には年10万台に拡大する考え。

\