2011/11/30

ハンガリー

9月小売売上、前月比横ばい

この記事の要約

ハンガリー中央統計局が24日発表した9月の小売業売上高(営業日数および季節調整後)は前月比で横ばいとなった。調整前の売上高は、今年の最高値だった8月の7,096億フォリントから6,895億フォリントに減少した。売上が今年 […]

ハンガリー中央統計局が24日発表した9月の小売業売上高(営業日数および季節調整後)は前月比で横ばいとなった。調整前の売上高は、今年の最高値だった8月の7,096億フォリントから6,895億フォリントに減少した。売上が今年に入って前月を上回ったのは1月(1.0%)、5月(0.5%)、8月(0.4%)のみで、依然としてハンガリー小売市場は低迷が続いている。

\

前年同月比(営業日数調整後)で見ると、小売売上は7月に1.3%落ち込んだ後、8月が0.4%増、9月が0.3%増と2カ月連続で拡大した。今年は第1四半期に前年同期比で横ばいとなった後、第2、第3四半期ともに0.2%減少し、小売業界は低調だ。1-9月期の総売上高は、前年同期を0.1%下回る4兆9,880億フォリントだった。スーパー・一般小売店の売上が横ばいなのに対し、ガソリンスタンドや家具・日用品専門店の売上は落ち込んでいる。(1HUF=0.34JPY)

\