2014/3/5

ルーマニア・ブルガリア・その他南東欧・トルコ

古川電工、イスタンブールに駐在員事務所を開設

この記事の要約

古川電工は2月26日、欧州販売子会社の古川電工ヨーロッパがトルコ・イスタンブールに駐在員事務所を開設したと発表した。インフラ・自動車関連事業の拡大とグローバル経営の強化を目指す中期経営計画の一環。同国および東欧、中央アジ […]

古川電工は2月26日、欧州販売子会社の古川電工ヨーロッパがトルコ・イスタンブールに駐在員事務所を開設したと発表した。インフラ・自動車関連事業の拡大とグローバル経営の強化を目指す中期経営計画の一環。同国および東欧、中央アジア、中東、北アフリカ地域で市場を開拓し、2016年に20億円の売上高達成を目指す。

トルコ経済の魅力と同時に、同国が周辺地域のハブ拠点としての役割を果たしていることに着目。イスタンブール駐在員事務所を通じて、大型インフラ投資が活発化する東欧、中央アジア、中東、北アフリカにおける営業を強化する。同時に、これらの地域の経済に関する情報を収集する。

インフラ事業では電力・交通・光ブロード関連ソリューションを展開する。自動車関連やエレクトロニクス市場では高機能素材を提供していく。