2019/9/18

総合 - 東欧経済ニュース

ECBが量的金融緩和再開、3年半ぶりの利下げも決定

この記事の要約

ECBは期限を設けず、景気などが回復して利上げを実施できる状況になるまで実施することを明言した。

ECBはユーロ圏の景気と物価を下支えするため、中銀預金金利をマイナスとする措置を14年6月に導入。

ECBのドラギ総裁は7月、追加利下げと量的緩和の再開を検討していることを明らかにしていたため、今回の決定は予想通り。

欧州中央銀行(ECB)は12日にフランクフルトで開いた定例政策理事会で、追加の金融緩和を決めた。米中貿易摩擦などの影響で景気減速の懸念が強まり、物価も上がりにくい状況に陥っているためで、量的金融...