2019/10/16

総合 - 東欧経済ニュース

ポーランド下院選挙、EU懐疑派の与党が圧勝

この記事の要約

ポーランドで13日実施された下院選挙(定員460)は、欧州懐疑派の与党・法と正義(PiS)が野党に大差をつけて勝利した。

欧州連合(EU)は政治基盤を強化したPiS政権と対峙することとなり、摩擦が続きそうだ。

ただ、今回の選挙結果で、ポーランド人の多数派がPiSと価値観を共有していると判断するのは尚早だ。

ポーランドで13日実施された下院選挙(定員460)は、欧州連合(EU)懐疑派の与党・法と正義(PiS)が野党に大差をつけて勝利した。2015年の前回選挙よりも得票を伸ばし、単独過半数を維持しただ...