2020/3/4

総合 - 東欧経済ニュース

独と中・南東欧の貿易拡大、V4諸国がけん引

この記事の要約

貿易総額は1.3%増の4,610億ユーロで、ドイツの全貿易額の19%を占めている。

同地域でドイツとの貿易額が最も大きかったのはポーランドで、昨年の貿易高は前年比4.2%増の1,230億ユーロとなり、英国を抜き第6位の貿易相手国に浮上した。

特筆すべきはEU加盟交渉が進められているセルビアで、貿易額は前年比で10%以上増加し50億ユーロに達した。

世界経済が減速する中、ドイツの輸出相手国としての中欧・南東欧諸国の重要性が増している。独経済東欧協会東方委員会(OAOEV)によると、対象となる29カ国への昨年の輸出額は前年比2.5%増の2,3...