2020/3/11

東欧自動車

ルノー、スロベニアでEV「トゥインゴ」を生産

この記事の要約

仏自動車大手ルノーはスロベニアで小型車「トゥインゴ」の電気自動車(EV)モデルを生産する。

同工場では現在、バッテリー生産のための拡張工事が行われている。

レボスはこれまでトゥインゴのほか小型車のルノー「クリオ」、トゥインゴの兄弟車のスマート「フォーフォー」の電動モデルを生産してきた。

仏自動車大手ルノーはスロベニアで小型車「トゥインゴ」の電気自動車(EV)モデルを生産する。現地メディアの報道によると、同国子会社のレボス(Revoz)が南東部のノボ・メストに持つ工場で今年末から...