ヨーロッパの最新経済・産業ニュース・企業情報を
欧州経済の中心地ドイツからご提供

2022/11/24

東欧経済ニュース速報

ヤンゴンに原子力技術センターを設置、ロシアとミャンマーが合意

ロシアと軍政ミャンマーの原子力提携が具体化に動き出した。ミャンマーのミョ・ テイン・チョ科学技術相は18日、サンクトペテルブルクの原子力技術センターを訪 問し、ヤンゴンに同様の技術センターを開設することでロシア原子力公社(ロスア トム)と契約を交わした。両国による9月の提携合意で示されたガイドラインを踏 まえたものだ。 9月の合意についてロスアトムは当時、「『原子力の平和利用』に向けた2022〜23 年の両国提携のガイドラインとなる」と説明。協力項目として、(1)二国間の法 的枠組みの拡大(2)ミャンマーにおける小型モジュール炉(SMR)導入(3)教育 訓練(4)原子力活用に対する地元合意の形成——を挙げていた。今回の技術セン ター設置は(4)を視野に入れたものだ。 2月のウクライナ侵攻以来、孤立化するロシアと、昨年2月にクーデターで政権を 握ったミャンマー軍は、国外からの圧力が高まる中で両国間の関係を緊密化させて いる。今回は軍事政権を指揮するミン・アウン・フライン総司令官が代表団を率い てロシアを訪問し、原子力提携のほか、来年の両国間直行便の運航開始でも合意が 結ばれた。