ヨーロッパの最新経済・産業ニュース・企業情報を
欧州経済の中心地ドイツからご提供

2022/3/23

東欧経済ニュース速報

イスラエルとシンガポール、AI分野の提携で合意

シンガポールのビビアン・バラクリシュナン外務大臣は21日、イスラエルを訪れ、 同国のオリット・ファルカシュ・ハコーエン革新科学技術大臣と人工知能(AI)分 野における提携で基本合意書を交わした。シンガポールのスマートネーション・デ ジタル政府局(SNDGO)とイスラエル革新科学技術省が協力し、AIの開発と実用化 を支援することで全体の利益に寄与するのが目的としている。 両相は、今回の合意がイノベーション・技術、貿易・投資、研究開発(R&D)、教 育などにおける従来の提携を深めるものと歓迎している。両国が1997年に設立した シンガポール・イスラエル産業研究開発財団は、発足以来の25年間で約190案件の プロジェクトに総額1億2,000万米ドルの資金を提供してきた。 バラクリシュナン外相はパンデミック後を視野に、アグリテックやヘルステック、 AI、デジタル化など最先端分野でイスラエルとの提携を深めたい意向だ。また、テ ルアビブでの大使館開設にも意欲を示した。 イスラエルのヤイール・ラピード副首相兼外相との会談では、パレスチナ問題につ いて意見を交わした。イスラエル外務省の発表によると、バラクリシュナン外相 は、シンガポールが「二国家解決」を常に支持してきた立場を確認し、双方がその 枠組みの中で直接交渉できるようになることを望んでいると話した。