積層造形の量産技術確立へ、ダイムラーなどのパイロット設備が稼働

2018年9月5日発行 No.1201号

自動車大手のダイムラー、航空部品製造のプレミアム・アエロテック、積層造形装置(3Dプリンター)を手がけるEOSの独3社は8月31日、積層造形(AM)の量産技術確立に向けたパイロット設備の稼働を開...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
▲このページのトップへ