満身創痍のICE、走行車両の8割は整備不良

2018年11月28日発行 No.1213号

ドイツ鉄道(DB)が誇る高速鉄道「ICE」の大半は整備不良のまま走行していることが、公共放送ARDの報道で分かった。DBは定時運行率も低く、業務改善の余地は大きい。

ドアやトイレ、コーヒーメーカ...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
▲このページのトップへ